iTECS TECHNOLOGY

コンクリート構造物の劣化状況を非破壊検査法のひとつであるiTECS 技術を使って、コンクリートを破壊することなく調査・診断します。

-->

非破壊試験によるコンクリートの健全性調査(iTECS法)

iTECS技術とは

iTECS技術とは、弾性波動(弾性波)を利用して、コンクリート構造物を非破壊で検査する技術である。

 

iTECS技術で何ができるのか?

iTECS技術は、衝撃弾性波法を使ってコンクリート構造物を検査する非破壊試験法のひとつです。

 

  ■ コンクリートの内部欠陥探査(既設構造物)
  ■ コンクリートの厚さの測定(新設・既設構造物)
  ■ コンクリートのひび割れ深さの測定(既設構造物)
  ■ コンクリート強度の推定(新設・既設構造物)

測定は叩くだけ
 センサーを測定面に軽く押し付けて打撃するだけの操作で、コンクリートを破壊せずに、またコンクリート表面に対して特別な処理を必要とせずに測定が可能

1.コンクリートの内部欠陥探査

➀方法:透過法
 コンクリート構造物を境にして打撃と受信で測定する方法。



②結果:判断基準
 弾性波速度が健全箇所より遅くなると何らかの欠陥があると判断する。



※その他
 他の測定方法には、多重反射法などがある。

1-1.空洞供試体 厚さと透過P波速度

1-2.空洞を通過する透過P波速度

1-3.空洞25cmの厚さスペクトル

2.コンクリート厚さ測定

➀方法:多重反射法
 同一平面上で打撃と受信で測定する方法。



②結果:解析結果(健全部)
 MEMスペクトロプログラムで解析して厚さを求める。



※補足
 右図のように厚さが即座に表示される。

2-1.内部欠陥がある場合

3.コンクリートひび割れ深さ測定

➀方法:直角回折法
 ひび割れ箇所を中心にインパクターと加速度計を同じ距離に接地する。



3-1.測定方法(直角回折法



 

 

 直角回折法では、ひび割れ深さDとひび
割れから打点までの距離 Lが等しい。
Lを変えて下向きから上向きに変る点を探す



 

 

3-2.ひび割れ先端の回折角は直角か?

3-3.結果:直角回折波法
  (両端押さえて1cm間隔)

4.コンクリート強度推定



 

 

➀方法:表面P波速度測定
 打撃と受信は、同側面で測定し、右図のように打撃は同じ測定点で、受信を測定方向へ移動させながら測定する。



4-1.圧縮強度と弾性波速度の関係


・コンクリートの圧縮強度の推定強度は、国土交通省で採用されている方法で測定し、(独)土木研究所強度推定式を使って強度を推定します。

・右図は、様々な条件のコンクリート供試体を制作し、弾性波速度を測定した値と圧縮試験の結果で得られた圧縮強度との相関関係図です。従って、弾性波速度が分かれば相関関係から、その圧縮強度を推定する事が出来ます。



5.研究レポート

テーマ

執筆者・発表者

投稿先・発表先

団体名

複数センサーでのパワー比同時測定によるコンクリート構造物の内部空隙探査

島田浩司、
石垣享一 他

平成28年度 秋季講演大会(仙台)

日本非破壊検査協会

複数センサー固定・ハンマー移動による剥離探査の実験

島田浩司、
石垣享一 他

平成27年度 秋季講演大会(札幌)

日本非破壊検査協会

多点同時測定によるコンクリート構造物の剥離探査

島田浩司、
石垣享一 他

平成27年度土木学会全国大会
第70回年次学術講演会

土木学会

ひび割れ深さによる弾性波速度の変化

石垣享一 他

講演概要集
平成26年度秋季講演大会

日本非破壊検査協会

6.主な実績

      茨城県   2017年  管理棟新館耐震診断業務
 
      静岡県   2017年  反応タンク耐震診断業務
 
      滋賀県   2016年  配水池耐震診断業務
 
      茨城県   2016年  下水道処理施設耐震診断業務
 
      三重県   2015年  下水道施設耐震・耐津波診断業務
 
      群馬県   2014年  砂防堰堤非破壊調査業務
 
      茨城県   2013年  覆蓋水処理施設耐震診断業務
 
      神奈川県   2012年  配水池耐震診断業務
 
      新潟県   2012年  下水道施設耐震診断業務
 
      神奈川県   2012年  ポンプ場耐震診断業務
 
      埼玉県   2011年  ポンプ場実施設計現地調査業務
 
      新潟県   2011年  合流式下水道緊急改善雨水帯水地基本設計業務
 
      栃木県   2010年  調整池コンクリート調査診断業務
 
      静岡県   2010年  橋梁下部工コンクリートひび割れ調査

7.関連会社リンク先

iTECS技術協会 (株)東洋計測リサーチ